2006年05月03日

国定忠治の愛妾、お町

国定忠治が捕まった時、一緒にいたのは妾のお町でした。
お町は国定村の隣村の田部井(ためがい)村に生まれ、忠治とは同い年です。
父親は尾内(おない)市太夫といい、お町が幼い頃に亡くなったようです。庄八という兄がいて、博奕打ちになって、尾内の嘉藤太(かとうた)と呼ばれ、身代を潰してしまいます。お町が六歳の時、母親も亡くなってしまい、隣に住んでいた本家の尾内弥平次の養女になります。
弥平次は名主を務めていて、お町は名主の娘として育てられ、読み書き、そろばん、裁縫など、一通りの芸事を習ったようです。村一番の器量よしで、忠治だけでなく、若者たちの憧れの的でした。
16歳の時、伊与久(いよく)村の深町某に嫁ぎますが、二年後には別れて戻ってきます。伊与久村の深町家というのは、学者の家系で、忠治の死後、忠治の悪口を残した深町北荘という人も出ています。堅苦しい家柄に耐えられなくなって、離縁したのかもしれません。
田部井村に戻ってきたお町は忠治と再会して、忠治の妾になります。本妻のお鶴は忠治の実家を守っていて、やくざ渡世に関係しなかったので、お町が子分たちからアネサンと呼ばれていました。
忠治が捕まった時は41歳でしたが、相変わらずの美人で、10歳は若く見えたと伝えられています。
忠治の処刑後、その美貌ゆえに、新田郡田中村の田中秀之進の妾になります。秀之進が尊王運動に身を投じて処刑されると、東小保方(ひがしおぼかた)村の高橋某の後妻に納まります。
高橋某の病死後、田部井村に戻って、裁縫の師匠として過ごし、忠治の死から20年後の明治三年、61歳で亡くなりました。

侠客国定忠次一代記、創作ノート お町の略歴

侠客国定忠次一代記
posted by 酔雲 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック