2006年04月25日

蓮如の妻たち

蓮如の布教に大いに役立ったのが、子供たちです。男の子は各地に飛んで、寺の坊主となり、蓮如の教えを広めて門徒たちの中心になります。女の子は有力寺院に嫁いで教団の結束を固めます。
その子供たちの数は、驚く事に27人もいます。男の子が13人、女の子が14人です。本願寺の法主として妾が何人もいたのだろうと普通は思いますが、蓮如は本妻の他に妾を持った事はありません。妻は5人いますが、前の妻が亡くなった後に、次の妻を娶っています。85歳の一生で、5人の妻を持って27人の子を成したのです。
最初の奥さんの如了は当時、幕府の有力者だった伊勢家の親戚の娘で、7人の子供を産みます。蓮如がまだ部屋住みだった頃で、家計は貧しく、長男以外は皆、養子に出さなくてはなりませんでした。蓮如が法主になったのを見る事もなく、32歳の若さで亡くなってしまいます。
二番目の奥さんの蓮祐は最初の奥さんの妹です。10人の子供を産みますが、この頃の蓮如は法主として活動を始め、比叡山と対立して、本願寺を破壊され、門徒たちに助けられて住む場所も転々としなければなりませんでした。何人もの子供を連れて苦労した事でしょう。蓮如が北陸の吉崎の地に行く前に亡くなってしまいます。吉崎の繁栄振りを見る事もなく、33歳の若さでした。
三番目の奥さんの如勝は門徒の中から選ばれました。二番目の奥さんを助けて、子供たちの面倒を見ていたようです。子供たちもよく懐いていて働き者だったので、周りの者たちに薦められて妻にしました。この奥さんは1人の娘を産んだだけですが、大勢の子供の面倒を見なければならず、大変だったでしょう。やはり、31歳の若さで亡くなってしまいます。
四番目の奥さんの宗如は公家の姉小路家から嫁いでいます。蓮如が67歳の時で、何歳で嫁いだのかはわかりませんが、2人の子供を産んで、嫁いでから三年後には亡くなります。
五番目の奥さんの蓮能は武家の畠山家から嫁いで来ます。蓮如が72歳、奥さんは22歳です。70歳を過ぎた蓮如はその奥さんに5人の子供を産ませます。最後の子供は84歳の時です。亡くなる前年まで、子供を作っていたとはとても信じられない事です。この奥さんは蓮如の死を看取って、54歳まで生きました。

 蓮如の子供たち

陰の流れ第三部・本願寺蓮如


蓮如さまとお方さま  民衆の導師蓮如  蓮如論  図説蓮如  蓮如  蓮如伝説を歩く
posted by 酔雲 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック