2009年08月16日

地獄絵でも見ているような浅間山の噴火

天明三年浅間大焼 鎌原村大変日記 21.六月二十八日」より


 ようやく、ウトウトしだした頃だった。雷が落ちたような物凄い音がして、寝ていた体が飛び上がる程の大揺れが起きた。

 市太は慌てて隣の部屋に声を掛けた。

「おい、大丈夫か」

「兄ちゃん、怖いよう」

「早く、外に出るんだ」

 市太は妹のおさやとおくらを両脇に抱えて外へと向かった。小揺れが始まった時、明かりはすべて消したので、家の中は真っ暗だ。囲炉裏の辺りから兄、庄蔵が叫んだ。

「早く、外に出ろ。市太、爺さんを頼むぞ」

 市太は二人の妹を中庭に出すと、すぐに離れにいる市左衛門の所に行った。声を掛けると、すでに市左衛門は縁側から外に出ていた。祖父を連れて中庭に戻ると皆、集まっている。廐(うまや)の馬が脅(おび)えて騒いでいた。叔父の弥左衛門が甥の五郎八を連れて廐に向かった。

「おめえたちは村を回って、火の用心を確かめて来い」

 父親に言われて、市太と庄蔵は表通りへ飛び出した。

 真っ暗の中、人々があちこちでざわめいている。馬のいななきと野良犬の鳴き声がやかましい。市太はおろくの事が心配になって来た。寝たきりの母親と盲目(もうもく)の兄、アホの三治を抱えて、無事に家から出られただろうか。俺はこっちに行くと言って、さっさとおろくの家に向かった。

 浅間山はゴーゴー唸り、大地の揺れは続いている。まるで、酔っ払っているかのように足元がおぼつかない。おまけに空から砂が降って来た。

「火の用心、火の用心」と叫びながら、市太はおろくの家に走った。惣八に声を掛けられ、惣八にも見回りを頼んだ。

「わかった」と言うと惣八は市太と反対の方に走って行った。

 おまんの家に行くつもりかと思ったが、他人の事まで構ってはいられない。おろくの家の前には誰もいなかった。

「おろく、大丈夫か」と叫びながら、市太は家の中に入って行く。暗くて、何も見えない。馬が騒いでいるだけで、声を掛けても返事はなかった。

「おい、若旦那か」と声を掛けられ、入り口の方を見ると男が立っている。

「誰だ」

「俺だ。半兵衛だ。みんな、裏庭の方にいる」

「おっ母も大丈夫なのか」

「ああ。俺がおぶって連れ出した」

「そうか。よかった」

 裏庭に行くと寝かされた母親の回りに皆が座り込んでいた。

「みんな、大丈夫か」と市太が聞くと、「ええ、大丈夫」とおろくは言った。

 脅えているのか、その声はやけに沈んでいる。誰もいなかったら、抱き締めてやりたいがそうもいかない。

「そうか、よかった」市太は一人うなづくと、「半兵衛、みんなを頼む。俺は一回りしてくらア」と通りの方に出た。

「火の用心、火の用心、みんな、大丈夫かア」とあちこちで叫んでいる。

 若衆組の者たちが見回りをしているようだ。市太も走り出した。浅間山の方を見上げると時折、雷のように光を放っている。その光によって、真っ黒な煙がモクモクと立ち昇っているのが見えた。まるで、地獄絵でも見ているような、何とも恐ろしい光景だった。このまま、この世が終わってしまうのではと思わせる不気味な眺めだった。


浅間山大噴火  写真でみる火山の自然史  浅間山、歴史を飲みこむ  火山は生きている新装版  関東・甲信越の火山(1)  


ラベル:浅間山
posted by 酔雲 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説の中の衝撃的な場面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。