2009年02月26日

一刀流 伊藤一刀斎

白樫 一刀流木刀大刀・小刀セット



伊藤一刀斎は天文19年(1550年)に伊豆の大島に生まれたと伝えられますが、確証はありません。
大島から泳いで伊豆に渡った一刀斎は三島大社の床下に住みついて、富田(とだ)一放という武芸者を倒し、越前に赴いて富田(とだ)流の富田勢源の弟子、鐘捲自斎の弟子になって印可を得ます。さらに鎌倉の鶴岡八幡宮に籠もり、極意を悟って一刀流を開眼します。
廻国修行に出た一刀斎は小野善鬼と御子上典膳という若者と出会い、二人を弟子にして旅を続けます。後に善鬼と典膳は試合をして、典膳が勝ち、一刀流を伝授されます。典膳は一刀斎の推挙で将軍徳川秀忠の剣術指南役となり、晩年には小野次郎右衛門と改名します。
一刀流は小野派一刀流、忠也派一刀流、中西派一刀流、水戸派一刀流、溝口派一刀などに枝分かれして相伝され、幕末には千葉周作の北辰一刀流、山岡鉄舟の無刀流が生まれます。


一刀流極意  剣豪一刀斎  天下一の剣  小野派一刀流剣術  溝口派一刀流剣術  北辰一刀流剣術  一刀正伝無刀流剣術


ラベル:武芸者
posted by 酔雲 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。