2009年02月19日

神夢想林崎流 林崎甚助

居合刀 天正拵



林崎甚助は抜刀術(居合)の始祖で、田宮流を開いた田宮平兵衛、伯耆流を開いた片山伯耆守、無楽流を開いた長野無楽斎、関口流を開いた関口柔心、一宮流を開いた高松勘兵衛は皆、甚助の弟子たちです。
甚助は天文年間(1532年〜1555年)の半ば頃、出羽の国の林崎村(山形県村山市)に生まれたと伝えられています。
幼少期に父親を殺され、父親の仇を討つために剣術の修行に励みます。元服後、武術の本場である鹿島に行って神道流を学び、さらに、鎌倉でも修行を積みます。しかし、納得が得られず、帰郷して地元の林崎明神に参籠し、工夫を重ねて抜刀術の奥義をきわめます。
仇を求めて旅に出た甚助は京都で仇と巡り会い、見事に討ち果たしますが、その後も諸国修行の旅を続けながら立派な弟子たちを育てます。
元和3年(1617年)7月、川越にいた高松勘兵衛のもとを去って奥州へと旅立ち、以後、消息を絶ちました。


林崎夢想流居合術  田宮流居合術  伯耆流居合  関口流抜刀術  新剣豪伝  人物日本剣豪伝(2)  抜刀秘伝抄

初級者向 標準型居合刀  居合刀 本時代拵  居合刀 正國同田貫


ラベル:武芸者
posted by 酔雲 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。