2009年01月22日

陰流の太郎(愛洲移香斎)と神道流の倉田無為斎の試合

陰の流れ 第一部・陰流天狗勝 22.多気の都1」より太郎と倉田無為斎の試合


 太郎と無為斎は木剣を構えた。

 太郎は中段、無為斎は下段だった。

 無為斎は下段に構えるといっても、構える風ではなく、ただ、木剣を持っているだけという感じだった。隙だらけだった。

 太郎は中段に構えたまま、無為斎の目を見つめた。

 無為斎の目はぼんやりとしていた。何を考えているのかまったくわからない。やる気がないというか、ただ、ぼんやりと立っているだけだった。

 太郎は木剣を上段に上げた。

 無為斎の変化はなかった。

 打とうと思えば、どこでも打てた。

 ところが、なぜか、打つ事ができなかった。

 太郎は少しづつ間合いを詰め、上段から、八相の構えに移した。

 無為斎はまったく、変化しない。

 どうした事か、太郎には打ち込む事ができなかった。

 前に、飯道山で高林坊と初めて立ち会った時と同じだった。何もしないでいる無為斎の存在が、やたらと大きく感じられる。しかし、あの時の高林坊は太郎を押しつぶすかのようだったが、無為斎の場合は太郎を静かに包みこんで行くようだった。

 不思議な力に包み込まれ、太郎は身動きができなかった。

 無為斎の木剣が少しづつ上がって、中段の構えとなった。

 無為斎の木剣の剣先が太郎の胸を刺すかのように向けられた。

 太郎は八相に構えたまま動けなかった。

 無為斎は静かに間合を詰めながら、少しづつ剣を上げていった。

 やがて、剣は天を刺すかのように、無為斎の頭上に真っすぐに立った。

 そして、その剣は太郎の左腕めがけて落ちて来た。それは、ゆっくりと落ちて来たように思えたが素早かった。

 太郎に避ける間がなかった。

 無為斎の剣は太郎の左腕をかすりながら落ちて行った。

 無為斎は元の下段に戻ると剣を引いた。

 太郎も剣を引き、無為斎に頭を下げた。

「どうじゃな、今の剣が神道流の極意、天の太刀じゃ」と無為斎は言った。

「天の太刀?」

「うむ、鹿島に古くから伝わる鹿島の太刀の一つじゃ。剣の極意なんていうものは、昔から変わりはせんものじゃ」

「天の太刀‥‥‥初めて見せていただきました」と川島先生が厳粛な面持ちで言った。

「愛洲殿、そなたは確かに強い」と無為斎が言った。「強いが、今のそなたには心に迷いがある。心に曇りがあると剣はにぶる。どんな達人でも心が曇っていれば、それは命取りになる。人は生きている。生きている限り、色々な迷いが生じてくる。その迷いを一つ一つ乗り越えなければならん。剣の道で生きていく限り、常に、心を磨いていなければならんのじゃ」


柳生新陰流を学ぶ  柳生新陰流剣術【日本の古武道シリーズ】  新陰流軍学『訓閲集』  天眞正傳香取神道流  香取神道流剣術【日本の古武道シリーズ】  日本の古武道  戦国剣豪100選




ラベル:陰の流れ 武芸者
posted by 酔雲 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説の中の名場面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。