2008年10月27日

喜多川月麿の台詞

草津温泉膝栗毛・冗談しっこなし 1.通油町」より


戯作者の十返舎一九の家に、浮世絵師の喜多川月麿が飛び込んで来て、昔に惚れた深川(辰巳)の芸者、夢吉が上州の草津の湯にいるので、草津に行こうと一九を誘います。
当時、一九は「東海道中膝栗毛」が売れて、有名な作家になっていました。月麿は美人画で有名な歌麿の弟子で、挿絵などを描いていましたが、まだ有名とはいえませんでした。


「どうせ、また、振られるに決まってらア」と一九は乗り気ではありませんが、

「振られたっていいんだ。今度、振られたら、俺もきっぱりと夢吉の事は諦める」と月麿は言います。「ただ、もう一度、夢吉を描きてえんだ。今の俺は自分の絵がわからなくなっちまったんだ。師匠(歌麿)が亡くなって、二代目(にでえめ)を初めとして誰もが師匠の真似をしてやがる。版元も師匠の真似をして描きゃア売り出してくれる。俺も師匠の真似をして絵を描いた。でもよお、違うんだ。師匠はいつも言ってたんだ。俺の真似なんかするんじゃねえ。てめえの女を描けってな。歌麿じゃなくて月麿の女を描けって言ってたんだ。でも、俺にはわからなくなっちまった。もう一度、夢吉に会って、夢吉を描いたら、自分の絵ってえのがわかるかもしれねえ」

「そうか‥‥‥歌麿師匠がそんな事を言ったのか。確かに、今時の美人絵はどれもこれも師匠の物真似だ。歌麿師匠を越えるのは難しいが、弟子として、おめえがやらなきゃならねえぜ」

「師匠を越えるなんて、そんな大それた事まで考えちゃアいねえ。ただ、自分の絵を描きてえんだ」

「よし、おめえがそれ程まで言うなら、一肌脱がなくっちゃアならねえな」と一九は言って、二人は草津の湯へと向かう事になり、珍道中が始まります。


絵図に見る東海道中膝栗毛  十返舎一九  歌麿の美人  喜多川歌麿  辰巳八景  


ラベル:浮世絵師
posted by 酔雲 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説の中の名台詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。