2008年09月25日

大前田栄五郎の台詞

侠客国定忠次一代記 11.叔父御は大した貫禄だア」より大前田栄五郎の台詞


天保4年(1833年)7月、大前田栄五郎(英五郎)親分が百々一家の親分、国定忠次(忠治)を訪ねて来ます。6年振りの再会でした。
その日は丁度、境宿に絹市が立つ日で、忠次は栄五郎を伊勢屋で開かれている賭場に案内します。大親分の栄五郎がどんな勝負をするのか、忠次は期待を込めて見守っていましたが、栄五郎は気持ちのいいくらいの負けっ振りでした。

「いいか、忠次、堅気の衆と勝負する時は、決して勝っちゃアいけねえよ」と賭場を出た後、栄五郎は忠次に言いいます。

「俺たちゃア、堅気の衆におマンマを食わせて貰ってる身だ。おめえも旅先で賭場に出入りする事もあるだんべえが、親分と呼ばれる者が旅先の賭場で稼ごうなんて料簡(りょうけん)を起こしちゃアいけねえ。旅先の賭場では気前よく負けてこそ、親分の貫録ってえもんだ。覚えておけ」

「へい‥‥‥」と忠次は栄五郎を見つめながら頷きました。


八州廻りと博徒  江戸やくざ研究  日本名画遺産DVD 10巻セットA  阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX  国定忠治の愛刀『小松五郎義兼』三点セット  


ラベル:侠客
posted by 酔雲 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説の中の名台詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。