2008年07月26日

九十九茄子

九十九(つくも)茄子は天下一の名物茶器といわれるお茶入れです。作物茄子、九十九髪茄子、付藻茄子と書かれる場合もあります。
南北朝時代の武将、佐々木道誉が室町幕府3代将軍足利義満に贈った唐物のお茶入れで、義満は大層気に入って常に身近に置いていたといいます。
その後、代々将軍家に伝わりましたが、8代将軍義政は九十九茄子を山名政豊に贈ります。その後、商人の手に渡り、茶の湯の師匠の村田珠光が99貫文で手に入れます。その時「九十九茄子」という名が付いたようです。
村田珠光から越前の武将、朝倉宗滴に伝わり、宗滴は戦乱を避けるために商人に預けます。越前の商人(小袖屋)から京都の商人(袋屋)の手に渡り、松永久秀が1000貫文で手に入れたようです。
松永久秀は得意になってお茶会で、九十九茄子を見せびらかしますが、織田信長に召し上げられてしまいます。信長も九十九茄子を愛用し、本能寺の変の時も所持していました。
信長と共に灰燼に帰したと思われましたが、どういう経路をたどったのか、豊臣秀吉が手に入れます。秀吉は秀頼に伝え、大坂の陣の後、徳川家康が手に入れます。


信長の夢

織田信長の茶の湯

    

  


ラベル:茶の湯
posted by 酔雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。