2008年07月22日

樋口太郎兼重

樋口太郎兼重は木曽義仲の四天王の1人だった樋口次郎兼光の子孫で、念流を開いた慈音の高弟の1人です。
兼重から子の兼定と念流は受け継がれますが、孫の高重はなぜか、鹿島の神道流を学び、以後、念流は途絶えてしまいます。
高重の時に信州の伊那郡樋口村から上州の吾妻郡小宿村に移ります。55年間、小宿村に住んだ後、同じ上州の多胡郡馬庭(まにわ)村に移ります。
高重の曾孫の定次は父から神道流を学びますが、先祖が伝えたという念流に興味を持ちます。念流を学びたいと願いますが、念流を修めた武芸者と出会う事はできませんでした。
ところがある日、念流の正統を継ぐ目医者が上州に現れたという噂を耳にします。定次はすぐに、友松偽庵と名乗る目医者を馬庭に迎えて、念流を習います。
定次は念流の修行に励み、ついに印可を得て、先祖伝来の念流を再興し、馬庭念流の開祖となります。その後、馬庭念流は代々伝えられて、現在に到っています。


馬庭念流剣術【日本の古武道シリーズ】   日本の古武道  人物日本剣豪伝(3)  戦国剣豪100選


ラベル:武芸者
【関連する記事】
posted by 酔雲 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 室町時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。