2008年06月14日

信長の夢

天正十年(1582年)の5月、絢爛豪華な安土城内で織田信長は悪夢にうなされます。
毎夜、同じ夢を見て、汗びっしょりになって真夜中に目を覚まします。
自分が何者かに殺され、子供たちも妻や側室たちも皆、無残に殺されて、天下を奪われる夢です。夢の中では、自分を殺す者が何者かわかって、くそ、おぬしなどにやられるか、と怒鳴りますが、目が覚めると、そいつが誰だったのか、どうしても思い出せません。
すでに、恐れていた武田信玄も上杉謙信も亡くなり、長年、苦しめられた本願寺の一揆も壊滅しました。3月には甲斐に出陣して武田家を滅ぼし、凱旋したばかりです。今の信長には敵対する者などいないはずでした。
悪夢にうなされて眠れない夜が続き、信長は悪夢から解放されるために、とんでもない事を思いつき、それを実行に移します。そして、本能寺の変へ‥‥‥
短編歴史小説「信長の夢」を御覧下さい。

信長の夢

  


本能寺の変  真説本能寺  「本能寺の変」はなぜ起こったか  謎とき本能寺の変  「本能寺の変」本当の謎  真説本能寺の変  織田信長総合事典  


ラベル:武将
posted by 酔雲 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。