2018年02月19日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 24.山北王の祝宴

山北王の攀安知は新築した御内原(うーちばる)の屋敷に重臣たちを呼んで、今後の対策を練りました。
まず、志慶真(しじま)の長老から今帰仁の歴史を語ってもらいました。
今帰仁按司の先祖は壇ノ浦の合戦に敗れて逃げて来た平家の武将だと長老は言います。
四代目の今帰仁按司の時、英祖(浦添按司)の次男の湧川按司が、今帰仁を攻め落として、五代目の今帰仁按司になります。
五代目が亡くなると、平家系の本部大主が今帰仁グスクを攻め落として、六代目の今帰仁按司になります。
五代目の若按司だった千代松は逃げて、22年後に、今帰仁グスクを取り戻して七代目の今帰仁按司になります。
七代目の千代松が亡くなると、平家系の羽地按司が今帰仁グスクを攻めて八代目を殺して、九代目の今帰仁按司になります。
平家系の羽地按司は英祖系の今帰仁按司から、今帰仁グスクを取り戻したのでした。
今こそ、貴い平家の血が流れている一族が団結して、よそ者に奪われてはならないと長老は言いました。

長老の話のあと、攀安知は明国に進貢船を送るかどうかを相談します。
明国の海賊、リンジェンフォン(林剣峰)が毎年来てくれるので、進貢船を送る必要はないと決まります。
油屋から中山王と山南王の様子を聞いた攀安知は、しばらく様子を見る事にして、北の奄美の島々を攻め取ると言います。
按司たちも奄美攻めに賛成して話がまとまると美女たちが参加して無礼講となりました。



◇攀安知の略歴

1361年、祖父の羽地按司、今帰仁グスクを奪い取って今帰仁按司になる。
1376年、攀安知、本部大主の長男に生まれる。
1380年、ウクヌドーが今帰仁に来て、城下に「油屋」を開く。
1382年、今帰仁按司、初めて明に進貢して、山北王になる。
1385年、ヤマトゥの山伏、アタグが本部に来る。
1388年、久米村を追い出された李仲が今帰仁に来る。
1389年、博多妙楽寺の禅僧、宗安が本部に来る。
1391年、今帰仁合戦。祖父の帕尼芝と伯父が戦死して、父のaが山北王になる。
     若按司となり本部から今帰仁グスクに移る。
1392年、進貢船の使者を務めた李仲が今帰仁を去る。
1393年、弟の湧川大主と一緒に「油屋」の船でヤマトゥに行く。
1394年、aが中山王と同盟する。妹が武寧の次男に嫁ぎ、武寧の娘を妻に迎える。
1395年、父のaが病死し、攀安知が山北王になる。
     中山王察度が亡くなり、義父の武寧が中山王になる。
1396年、与論島を攻め、勝連一族の按司を倒して、与論島を占領する。
1398年、進貢船を下賜される。
1399年、リューインが密貿易船で今帰仁に来る。
1400年、明国の海賊、リンジェンフォンの密貿易船が来て、取り引きを始める。
1402年、山南の戦が終わり、豊見グスク按司が山南王になる。
     明国で永楽帝が皇帝になる。
1403年、首里グスクを築くための材木を送るために浦添に「材木屋」を開く。
1406年、義父の武寧が殺され、佐敷按司の父親が中山王になる。
     今帰仁ヌルが、浦添の商人「よろずや」と一緒に逃げてくる。
1407年、従弟の二人を恩納按司、金武按司に任命してグスクを築かせる。



登場人物

・攀安知(はんあんち)
山北王。
父はa、母は名護按司の娘。童名はハーン。
祖父は初代山南王の帕尼芝(はにじ)。
妻は武寧(ぶねい)の娘、マアサ。

・湧川大主(わくがーうふぬし)
攀安知の弟。
妻は羽地按司の娘、ミキ

・勢理客(じっちゃく)ヌル
攀安知の叔母。先代の今帰仁ヌル。
神名はアオリヤエ。

・今帰仁(なきじん)ヌル
攀安知の姉。
神名はアキシヌ。

・浦添(うらしい)ヌル
武寧の娘。
攀安知の妻の妹。
父の敵を討ってもらうために今帰仁に逃げて来る。

・アタグ(愛宕)
ヤマトゥの山伏。
攀安知の武芸の師匠。

・油屋のウクヌドー(奥堂)
博多筥崎八幡宮の油屋。
今帰仁、島尻大里、首里に店を持ち、油を売っている。
攀安知のために各地の情報を集めている。

・宗安(そうあん)
博多妙楽寺の禅僧。

・リュウイン(劉瑛)
永楽帝の弟に仕えていた軍師だったが、主人が殺されて密貿易船に乗って今帰仁に逃げて来る。
密貿易船との通訳を務める。

・志慶真(しじま)村の長老
ウトゥタルの孫で、今帰仁の歴史に詳しい。

・羽地按司(はにじあじ)
帕尼芝の弟の子。攀安知の大叔父の子。

・国頭按司(くんじゃんあじ)
攀安知の叔父。

・名護按司(なぐあじ)
攀安知の叔父。

・本部大主(むとぅぶうふぬし)
攀安知の叔父。

・恩納按司(うんなあじ)
攀安知の従弟。

・金武按司(きんあじ)
攀安知の従弟。

・平敷大主(ぴしーちうふぬし)
攀安知の重臣。

・謝名大主(じゃなうふぬし)
攀安知の重臣。

・志慶真のウトゥタル
五代目今帰仁按司の側室。
長老の祖母。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 16:07| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 23.今帰仁の天使館

旅に出たジャンサンフォンたちが帰って来たのは9月の半ばでした。
ササはシンシンと仲よくなって、明国の言葉と武当拳を習ったようです。
ヂャンサンフォンたちは久高島に行き、南部を回って、新しくできた李仲(リージョン)グスクで、唐人の李仲按司と会います。
李仲按司はヂャンサンフォンの噂を知っていて、琉球にいる事に驚きます。
李仲按司はヂャンサンフォンから明国の様子を聞き、島尻大里グスクに連れて行って、山南王のシタルーに会わせます。
シタルーも明国に留学していた時、ヂャンサンフォンの噂は聞いていました。

島尻大里から北上して、浮島に行った一行はメイファンの屋敷に泊まって、浦添、北谷、宇座へと行きました。
宇座から山田に行き、恩納岳の木地屋のお世話になって木地屋の道を通って名護に行き、今帰仁に行きます。
今帰仁に「天使館」があって、密貿易に来た唐人が滞在していたとジクー禅師が言って、福州の海賊、リンジェンフォンらしいとヂャンサンフォンが言いました。
今帰仁から奥間に行って、一か月滞在して、最北端の辺戸岬まで行って帰って来たようです。

サハチ(尚巴志)は三姉妹にリンジェンフォンが今帰仁に来ている事を知らせました。
三姉妹は今帰仁に行って敵を討とうと言いましたが、いつの日か、海の上で全滅させようと考え直しました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・ヂャンサンフォン(張三豊)
武当山の道士。ファイチの師匠。
永楽帝が会いたいと思って必死に探しているが、権力者には会いたくないと逃げている。
武当拳、武当剣の創始者。
シンシンを連れて琉球に行く。

・シンシン(杏杏)
ヂャンサンフォンの弟子。
両親は山賊に殺され、ヂャンサンフォンに拾われて、ファイチの妹夫婦に育てられる。
ヂャンサンフォンと一緒に琉球に行く。

・ジクー禅師
京都妙心寺の禅僧だったが、妙心寺が将軍義満につぶされ、志佐壱岐守と一緒に琉球に来る。

・サグルー
尚巴志の長男。島添大里の若按司。

・ササ
馬天若ヌル。父親は水軍大将のヒューガ、母親は馬天ヌル。
幼い頃から母親に剣術を習い、娘たちの師範代を務めるほとの腕を持っている。
ヌルとしても強い霊力を持っていて、尚巴志と懐機を出会わせたのもササだった。
山田に行って、久良波のマサルーの息子、シラーに一目惚れをするが、その熱も下がる。
シンシンと仲よくなる。

・思紹
中山王。尚巴志の父親。
佐敷按司を隠居して、東行法師を名乗り、慶良間の島で若い者たちを鍛える。
一千人の兵を育て、その兵力によって、中山王武寧を倒し、中山王となる。
王となってもじっとしているのは苦手で、兵たちの指導をしている。

・マチルギ
尚巴志の妻。伊波按司の妹。
女子サムレーたちの総大将。
島添大里按司の奥方だが、首里にいる事が多い。
尚巴志が明国に行ったので、女たちを連れてヤマトゥに行こうと考える。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。
明国で旧友と再会し、永楽帝とも再会し、師匠のヂャンサンフォンとも再会する。

・メイファン(張美帆)
福州の海賊ヂャンルーチェンの三女。
父と敵対している海賊リンジェンフォンの長男と駆け落ちして琉球に行き、ファイチと出会う。
明国でファイチと再会して、琉球と交易するために琉球に行く。

・メイユー(張美玉)
福州の海賊ヂャンルーチェンの次女。
広州の海賊に嫁ぐが、敵討ちのため離縁して戻って来る。
尚巴志といい仲になる。

・メイリン(張美玲)
福州の海賊ヂャンルーチェンの長女。
杭州の海賊に嫁ぐが夫は戦死して、息子を嫁ぎ先に残し、娘を連れて帰る。
ウニタキといい仲になる。

・李仲(リージョン)按司
明国の政変に巻き込まれて琉球に逃げて来た唐人。
久米村にいたがアランポーと対立して追い出され、今帰仁に行き、山北王の正使を務める。
今帰仁合戦後、山北王が朝貢をやめてしまったので、宇座按司を頼って宇座に行く。
留学していたシタルーが帰国し、シタルーと会って意気投合する。
シタルーの紹介で、山南王の汪英紫に仕える。
シタルーが山南王になったあと、軍師として仕え、グスクを築いて李仲按司を名乗る。
次男の李傑は明国の国子監に留学中。
李仲グスクの跡地は後に糸洲(いちゅんじ)と呼ばれるようになる。



尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 14:51| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

尚巴志伝 あらすじと解説 第二部 22.清ら海、清ら島

サハチ(尚巴志)たちは明国から帰って来ました。
久し振りに見た琉球の景色の美しさをサハチは再認識して、この国をもっと素晴らしい国にしなければならないと思います。

首里グスクは変わっていました。
グスクの北側に土塁で囲まれた新しい曲輪ができていました。
サハチは思紹と会って、留守の間に起きた出来事を聞きます。
サハチたちに遅れて三日後、三姉妹がヂャンサンフォンとシンシンを連れて琉球にやって来ます。
ヒューガはヂャンサンフォンと出会って感激し、武術の事をしきりに聞いていました。

マチルギは馬天ヌルから三姉妹の事を聞いて、サハチに会わせてくれと迫ります。
サハチは仕方なく会わせます。
マチルギは三姉妹と意気投合して、慶良間の島に連れて行きます。

ウニタキは留守中の出来事を配下の者たちから聞いてサハチに知らせます。
山北王が油屋と材木屋を使って情報を集めていると聞いて驚きます。
山南王はタブチの留守中に、米須按司、具志頭按司、玻名グスク按司、真壁按司、伊敷按司、与座按司を寝返られたようです。

ヂャンサンフォンとシンシンは琉球を知るために、ジクー禅師、サグルー、ササを連れて旅に出ました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
島添大里按司。
父は中山王の思紹。
妻は伊波按司の妹、マチルギ。
父を中山王にして、明国に旅立つ。

・ウニタキ
表向きは地図を作っている重臣の三星大親。
中山王の裏の組織「三星党」の頭領。
妻は尚巴志の叔母のチルー。
尚巴志を守るために一緒に明国に行く。

・ファイチ(懐機)
中山王の客将。
久米村からアランポー一族を追い出し、長史のワンマオと一緒に新しい久米村を造っている。
旧友に会うために尚巴志と一緒に明国に行く。
明国で旧友と再会し、永楽帝とも再会し、師匠のヂャンサンフォンとも再会する。

・馬天ヌル
中山王思紹の妹。
霊力が高く、各地のヌルたちに慕われている。
娘のササも霊力が高い。

・佐敷ヌル
尚巴志の妹。シンゴと結ばれて、マユという娘がいる。
娘たちの剣術の師範で、女子サムレーたちの師範でもある。
強い霊力を持っているが、本人はまだ気づいていない。

・思紹
中山王。尚巴志の父親。
佐敷按司を隠居して、東行法師を名乗り、慶良間の島で若い者たちを鍛える。
一千人の兵を育て、その兵力によって、中山王武寧を倒し、中山王となる。
王となってもじっとしているのは苦手で、兵たちの指導をしている。

・マチルギ
尚巴志の妻。伊波按司の妹。
女子サムレーたちの総大将。
島添大里按司の奥方だが、首里にいる事が多い。
尚巴志が明国に行ったので、女たちを連れてヤマトゥに行こうと考える。

・メイファン(張美帆)
福州の海賊ヂャンルーチェンの三女。
父と敵対している海賊リンジェンフォンの長男と駆け落ちして琉球に行き、ファイチと出会う。
明国でファイチと再会して、琉球と交易するために琉球に行く。

・メイユー(張美玉)
福州の海賊ヂャンルーチェンの次女。
広州の海賊に嫁ぐが、敵討ちのため離縁して戻って来る。
尚巴志といい仲になる。

・メイリン(張美玲)
福州の海賊ヂャンルーチェンの長女。
杭州の海賊に嫁ぐが夫は戦死して、息子を嫁ぎ先に残し、娘を連れて帰る。
ウニタキといい仲になる。

・リェンリー(黄怜麗)
ラオファンの次女。
三姉妹の仲間に加わる。

・ヂャンサンフォン(張三豊)
武当山の道士。ファイチの師匠。
永楽帝が会いたいと思って必死に探しているが、権力者には会いたくないと逃げている。
シンシンを連れて琉球に行く。

・シンシン(杏杏)
ヂャンサンフォンの弟子。
両親は山賊に殺され、ヂャンサンフォンに拾われて、ファイチの妹夫婦に育てられる。
ヂャンサンフォンと一緒に琉球に行く。

・ヒューガ(三好日向)
中山王の水軍の大将。
妻は馬天ヌル。娘にササがいる。
奥間の一夜妻との間に、ユリという娘がいて、ユリは武寧の長男カニムイの側室になる。
浦添グスクが焼け落ちた時、ユリはウニタキに助けられて、佐敷の馬天ヌルの屋敷で娘と一緒に暮らしている。

・ナツ
ウニタキの配下。佐敷の重臣、津堅大親の娘。
尚巴志の妹のマカマドゥと一緒に剣術の稽古に励む。
尚巴志に憧れ、尚巴志を守るために「三星党」に入る。
島添大里グスクの侍女になって、尚巴志とウニタキの連絡役を務める。
侍女を辞めて、島添大里城下の「まるずや」を任される。
尚巴志が明国に行くと聞いて、もう二度と会えないかもしれないと思い、自分の気持ちを打ち明ける。

・サグルー
尚巴志の長男。島添大里の若按司。

・ササ
馬天若ヌル。父親は水軍大将のヒューガ、母親は馬天ヌル。
幼い頃から母親に剣術を習い、娘たちの師範代を務めるほとの腕を持っている。
ヌルとしても強い霊力を持っていて、尚巴志と懐機を出会わせたのもササだった。
山田に行って、久良波のマサルーの息子、シラーに一目惚れをするが、その熱も下がる。

・ジクー禅師
京都妙心寺の禅僧だったが、妙心寺が将軍義満につぶされ、志佐壱岐守と一緒に琉球に来る。




尚巴志伝
ラベル:尚巴志伝 琉球
posted by 酔雲 at 15:02| Comment(0) | 尚巴志伝 あらすじと解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする