2016年10月31日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 42.予想外の使者

山南王となった汪英紫(おーえーじ)は島添大里グスクから島尻大里グスクに移って行きました。
島添大里グスクには大グスク按司だった汪英紫の三男、ヤフスが入って島添大里按司になりました。
島尻大里の騒ぎも治まった六月の半ば、サハチ(尚巴志)はマチルギと一緒に恒例の旅に出ます。
一緒に行ったのは弟夫婦のマサンルーとキクでした。
首里天閣を見た時、マサンルーが宇座の御隠居(泰期)の話をして、それを聞いたマチルギは宇座に行きましょうと言います。
一行は宇座に行って、御隠居に歓迎されます。

九月になって玉グスクから使者がやって来ました。
使者はサハチの妹を若按司の嫁に迎えたいと信じられない事を言いました。
玉グスクヌルに神様のお告げがあったと言います。
サハチは重臣たちと相談し、玉グスク按司の申し出を受ける事に決めます。
そして、サハチの弟のヤグルーの嫁に玉グスク按司の娘を迎えたらどうかと与那嶺大親が提案します。
サハチは妹のマナミーと会って相談し、馬天ヌルにも相談します。
馬天ヌルの娘のササは四歳になって、ヒューガが作ったおもちゃで遊んでいました。
馬天ヌルはサハチの話を聞いて、いい縁談だと賛成します。
使者として玉グスクに行ったクマヌは、マナミーとヤグルーの二つの縁談をまとめて帰って来ました。


その年の十月、中山王と同盟した山北王は、中山王の進貢船に使者を乗せて、明国との進貢を再会します。
山南王となった汪英紫は山南王叔という肩書きのまま進貢船を送りました。
察度は朝鮮に使者を送って、朝鮮に逃げた孫、前山南王の帰還を要請しました。



登場人物

・山南王
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。
島尻大里グスクを奪い取って、島添大里按司から山南王になる。

・島添大里按司
汪英紫の三男、ヤフス。

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・マサンルー
尚巴志の弟。

・キク
ヤキチの娘。マサンルーの妻になる。

・宇座の御隠居
泰期。察度の義弟。宇座按司を次男に譲って隠居する。

・クグルー
泰期の三男。母は後妻のナミー。

・百名大親
玉グスク按司の使者。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・与那嶺大親
佐敷按司の重臣。

・屋比久大親
佐敷按司の重臣。

・兼久大親
佐敷按司の重臣。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチとマチルギの剣術の師匠。
佐敷按司の重臣。

・美里之子(んざとぅぬしぃ)
尚巴志の叔父。武術師範。
佐敷按司の重臣。

・ミチ
尚巴志の母。先代の美里之子の娘。

・マナミー
尚巴志の妹。マチルギから剣術を習っている。
玉グスクの若按司に嫁ぐ。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・ササ
馬天ヌルとヒューガの娘。

・尚巴志の祖母、マシュー
大グスク按司の娘で、サミガー大主の妻。

・中山王、察度
浦添按司を息子の武寧に譲り、首里天閣に隠居する。。

・山北王
今帰仁按司ミン。帕尼芝(はにじ)の次男。



尚巴志伝

2016年10月24日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 41.傾城

洪武27年(1394年)、正月の10日、サハチ(尚巴志)の弟、マサンルーがヤキチの娘のキクと婚礼を挙げます。
3月にはウニタキがサハチの叔母のチルーと婚礼を挙げます。
ウニタキはサハチのために裏の組織『三星党』を作り、配下の者たちも二十人集まりました。
ウニタキとチルーの婚礼が佐敷で行なわれていた頃、浦添と今帰仁では大々的な婚礼が行なわれていました。
浦添按司(武寧)の娘が今帰仁の若按司(攀安知)に嫁ぎ、今帰仁按司(山北王a)の娘が浦添按司の次男に嫁ぎました。
中山王と山北王は同盟を結び、浦添も今帰仁もお祭り気分に浸っていました。
お祭り気分の浦添グスクで事件が起きました。
婚礼に招待されていた山南王が、武寧の側室を奪って逃げたのです。
その側室は高麗の国から贈られた絶世の美女でした。
めでたい席だったので、武寧は騒がず、翌日になって、義父の島添大里按司に相談しました。
中山王が山南王を攻めるかと思われましたが、一月が過ぎても何も起こりませんでした。
武寧は山南王を攻めたかったのですが、側室の出産、進貢船の帰国と続いて、梅雨に入ってしまい、梅雨が明けたら攻めるだろうとウニタキはサハチに報告します。
梅雨が明けて、島添大里按司と武寧は山南王を攻めます。
島添大里按司は島尻大里グスクを奪い取りますが、山南王も盗まれた側室もどこにもいません。
結局、山南王を捕まえる事はできず、島添大里按司は山南王になります。
のちにわかった事ですが、山南王は側室を連れて高麗の国まで逃げ、その地で病没しました。
島添大里按司の山南王攻めのどさくさに紛れて、ウニタキとヒューガは山南王の船を奪い取りました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・マサンルー
尚巴志の弟。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。

・キク
ヤキチの娘。マサンルーの妻になる。

・ヤザイム
奥間の長老の息子。奥間鍛冶屋の親方。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。祖父と一緒に旅に出る。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・チルー
サハチの叔母。佐敷グスクの侍女。ウニタキの妻になる。

・武寧
中山王察度の長男フニムイ。浦添按司。
妻は汪英紫の娘、ウシ。

・ンマムイ
武寧の次男。山北王の娘、マハニを妻に迎える。
のちに兼グスク按司になる。

・高麗の美女。
琉球に来た高麗の使者から贈られた絶世の美女。

・山北王
今帰仁按司ミン。帕尼芝(はにじ)の次男。

・ハーン
山北王の長男。武寧の娘、マアサを妻に迎える。
のちの攀安知。

・山南王
島添大里按司の甥の息子。母親は察度の娘。
武寧の側室を盗んで高麗に逃げる。

・島添大里按司
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。
島尻大里グスクを奪い取って、山南王になる。

・八重瀬按司
汪英紫の長男、タブチ。

・豊見グスク按司
汪英紫の次男、シタルー。明国に留学中。

・米須按司
武寧の弟。

・瀬長按司
武寧の弟。

・小禄按司
武寧の従兄。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチのために山賊になる。


尚巴志伝

2016年10月17日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 40.山南王

ヒューガが佐敷を去ってから二か月が過ぎ、南部の各地に山賊が出没して食糧が奪われたという噂が流れてきます。
島尻大里の城下にある『よろずや』も商品が増え、貧しい人たちに重宝がられています。
マチルギは教え子の娘たちから十二人を選んで、女子(いなぐ)サムレーを結成してグスク内の屋敷を守らせました。
やがては百人の女子サムレーを育てて、戦でも活躍させるとマチルギは張り切っています。
マチルギの教え子のトゥミとムトゥはウニタキの配下になって『三星党』に入りました。
ウニタキに呼ばれて、サハチ(尚巴志)が研ぎ師のハンルクの家に行くと、ウニタキは山南王が亡くなった事を告げます。
二か月後、サハチはウニタキに呼ばれて、ハンルクの家に行き、跡を継いだ山南王はどうしようもない奴で、やがては島添大里按司に滅ぼされるだろうとウニタキから言われます。
そして、中山王と山北王が和解して、武寧の娘が今帰仁の若按司に嫁ぎ、山北王の娘が武寧の次男に嫁ぐ事に決まったと告げられます。
東行法師に扮して旅をしていた祖父のサミガー大主は年末に帰って来て、若い者たちを百人、久高島に送ったと言います。
その翌日、父が久高島から帰って来て、若者たちも集まり、ヒューガから食糧も届いて順調に行っていると言います。
父は若者が増えたら、久高島から慶良間の無人島に移ろうと考えているが、移動するには船がいる。何とか船を手に入れたいと言います。
サハチは船は何とかしますと父に答えます。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチのために山賊になる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・トゥミ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・ムトゥ
マチルギの教え子。ウニタキの配下。

・ハンルク
奥間の研ぎ師。ウニタキの配下。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・サミガー大主
サハチの祖父。鮫皮造りを隠居して、東行法師に扮して旅に出る。

・ヤグルー
尚巴志の弟。祖父と一緒に旅に出る。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・山南王
島添大里按司の甥の息子。母親は察度の娘。

・島添大里按司
王叔汪英紫という名で、進貢船を送る。

・山北王
今帰仁按司ミン。帕尼芝(はにじ)の次男。

・武寧
中山王察度の長男フニムイ。浦添按司。


尚巴志伝

2016年10月10日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 39.運玉森

山賊になる決心をしたヒューガはサハチたちに別れを告げ、ヤマトゥに帰る振りをして、浮島にいるサイムンタルーの船に乗り込みます。
ヒューガを見送りに来たサハチとクマヌは、島尻大里の城下に行って「よろずや」という小さな店に行きます。
「よろずや」は山賊になったヒューガが奪い取った品々を久高島に送る拠点となる店です。
「よろずや」の店主は、サミガー大主のもとで働いていたキラマでした。

後に、「よろずや」はウニタキの「三星党」の拠点として各地に店を開きますが、その最初の店は島尻大里の城下にできた小さな店でした。

密かにサイムンタルーの船を降りたヒューガは、浮島の宿屋の主人のハリマを訪ね、山賊の事を聞きます。
与那原の運玉森(うんたまむい)に山賊がいるらしいと聞いて、ヒューガは運玉森に向かいます。
佐敷に近すぎるなと思いながら山を登ると山の中に立派な屋敷が建っているのを見て驚きます。
ヒューガがその屋敷に近づこうとすると、弓を構えた男が現れ、「その屋敷はマジムン(化け物)屋敷だから近づくな」と言います。
ヒューガは構わず進み、飛んできた弓をかわし、斬りつけてきた男を簡単に捕まえてしまいます。
男を捕まえたまま屋敷に入ると、山賊たちが隠れていました。
ヒューガは山賊の頭と戦いますが、頭は降参してしまいます。
ヒューガが山賊たちから話を聞くと、彼らは島添大里按司に倒された、先代の島添大里按司の残党と大グスク按司の残党で、島添大里按司を倒すことを夢見て細々と暮らしていると言います。
ヒューガは彼らの頭となり、山賊となって暴れ回る事になります。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチのために山賊になる。

・マサンルー
尚巴志の弟。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。
ヒューガと結ばれ、娘のササが生まれる。

・ササ
馬天ヌルとヒューガの娘。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。熊野大親。
佐敷按司の家臣でサムレー大将。

・キラマ
馬天浜のウミンチュ。カマンタ(エイ)捕りの名人。
島尻大里の「よろずや」の主人になる。

・ハリマ
ヤマトゥの山伏。浮島の宿屋の主人。

・シマブク
運玉森の山賊の頭。島添大里の残党。

・サチョー
運玉森の山賊。島添大里の残党。

・ウムン
運玉森の山賊。島添大里の残党。

・グルータ
運玉森の山賊。島添大里の残党。

・タムン
運玉森の山賊。大グスクの残党。

・ウーマ
運玉森の山賊。大グスクの残党。

・シルー
運玉森の山賊。大グスクの残党。


尚巴志伝

2016年10月03日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 38.久高島

サハチ(尚巴志)の妻のマチルギは三人目の子供を産みます。
三人目はようやく女の子で、祖母の名前をもらってミチと名付けられます。
マチルギはミチを抱きながら、「あなたは本当は次女みたいよ」と言います。
マチルギは対馬のイトがサハチの娘を産んだ事を知っていたのでした。
サイムンタルーとクルシの口はふさげても、船乗りたちの口はふさげず、マチルギの耳にも入ったのでした。
マチルギは鬼のような顔をして木剣を振り回し、サハチは逃げ出します。
佐敷グスクの裏山に、裏の組織を作っているウニタキの拠点となる小屋かあります。
サハチはそこに逃げ込み、ウニタキと会います。
旅に出る前、東行法師(サハチの父)はウニタキと会って話をし、仲間に加わってもらいました。
ウニタキは仲間に女を加えたいと言い、サハチは佐敷グスクで侍女をしているチルーを紹介します。
その事はマチルギから頼まれていました。
チルーがウニタキの事を好きらしいので何とかしてやりたいとマチルギは言ったのです。
ウニタキと別れてグスクに帰り、サハチはマチルギに謝ります。
マチルギはイトの事は許そうと思ったが、サハチにはひとこと言わないと気が済まないので怒ったと言います。

4月になると島添大里按司は進貢船を明国に送ります。
山南王から強引に船を借りて使者を送ったのでした。
その頃、サイムンタルーの船も馬天浜を船出して、久高島に向かいます。
その船には倭寇に扮したヒューガが乗ってました。
サイムンタルーは久高島で東行法師と会います。
東行法師は久高島に集まって来た若者たちを鍛えていました。
東行法師と今後の作戦を練っていると、ヒューガが山賊になって若者たちの食糧を手に入れると言い出します。
東行法師はヒューガに頼みます。

久高島で密談が行なわれていた時、馬天浜ではウニタキがチルーと会って、「三星党」に入れる娘の事を相談していました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
父が隠居し、21歳で佐敷按司になる。
父は佐敷按司(東行法師)、母は先代の美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は先々代の大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ウニタキ
先代勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。
今帰仁合戦で、勝連の水軍大将として活躍する。
浜川大親となりヤマトゥとの交易を担当する。
望月党に妻子を殺され、佐敷に逃げてくる。
サハチのために裏の組織「三星党」を結成する。

・チルー
サハチの叔母。佐敷グスクの侍女。

・東行法師
尚巴志の父、サグルー。
佐敷按司をサハチに譲り、東行法師を名乗って旅に出る。
久高島で若い者たちを鍛える。

・サイムンタルー
中尾左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・マニウシ
シラタル親方の長男。フカマヌルの弟。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(佐敷按司)の娘、ウミチルを産む。

・ウミチル
フカマヌルの娘、フカマ若ヌル。父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。



尚巴志伝