2016年02月17日

岩櫃城

群馬県吾妻郡の岩櫃城は甲斐の武田氏の上州攻略の拠点となった山城です。
関東管領の上杉氏が小田原の北条氏に敗れて、越後に逃げた後、武田信玄は上州を我が物にしようと攻め寄せます。
初め、碓氷峠を越えて攻めますが、箕輪城の長野業政に遮られます。名将と謳われた業政を倒すのは難しいと考えた信玄は、次に鳥居峠を越えて吾妻郡に侵入します。先鋒を任されたのは真田一徳斎幸隆です。
一徳斎は鎌原氏や草津の湯本氏らを味方に付けて、岩櫃城を攻めます。当時、岩櫃城は斎藤氏が守っていました。管領上杉氏の支配下にあった頃、斎藤氏は吾妻郡の武士たちの中心となって活躍していましたが、管領がいなくなると情勢は変わって来ます。長野県に近い鎌原氏や湯本氏は、土地を守るためには攻め寄せて来る武田氏に従うより道はありません。
一徳斎は調略によって次々に敵を寝返らせ、最期には斎藤氏を滅ぼして岩櫃城の攻略に成功します。永禄6年(1563)10月の事でした。
その後は武田氏の持ち城として、沼田攻略の拠点になります。
沼田の倉内城は越後の上杉謙信の上州攻略の拠点です。そう簡単に落とせる城ではなく、一徳斎の生前にはかなわず、子の昌幸の代になって成功します。天正8年(1580)の事でした。
その二年後、武田氏は織田信長に滅ぼされ、岩櫃城は真田氏の持ち城となりました。

戦国草津温泉記・湯本善太夫

戦国草津温泉記・湯本三郎右衛門


戦国草津温泉記 湯本善太夫 -    戦国草津温泉記 湯本三郎右衛門 -
タグ:戦国の城
posted by 酔雲 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代>城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする