2016年08月22日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 30.出陣命令

サハチの長男、サグルーの誕生を一番喜んだのは祖父のサミガー大主でした。
祖父はひ孫の顔を眺めながら引退を決心して、ウミンターに鮫皮作りの親方を譲ります。
マチルギの兄のサムは伊波に帰る事となり、クマヌの娘のマチルーを嫁に迎えます。
隠居した祖父の新しい屋敷が完成した九月に、浦添では中山王の察度が山北王の帕尼芝(はにじ)を攻めるという噂が流れていました。
戦の原因は山北王が硫黄鳥島を奪い取ってしまった事でした。
山北王は中山王の船に乗って、明国に進貢していましたが、いつまで経っても明国から船をもらえないので、もう待ちきれないと硫黄鳥島を奪いました。
硫黄鳥島を奪われたら、硫黄を採る事ができず、明国への進貢ができなくなります。
察度は怒って、山北王を攻める事に決めたのでした。
佐敷按司は中山王との関係はありませんが、サハチが伊波按司の娘を嫁に迎えたため、伊波按司から出陣の依頼が来るかもしれないと心配します。
サハチがマチルギにその事を話すと、マチルギは必ず出陣すると言います。
たとえ前線で戦えなくても、山北王が滅びるのを見なければならないと言います。
サハチには止める事はできませんでした。
年が明けて二月の半ば、佐敷にも出陣命令が来ました。
佐敷按司は出陣の準備を始めますか、佐敷按司が出陣するか、若按司のサハチが出陣するかはもう少し考えさせてくれと言います。
三月の半ば、サハチは父に呼ばれ、留守を頼むと言われます。
サハチはマチルギに留守を守る事に決まったと告げると、マチルギも残ると言います。
サハチは驚きますが、神様に何度も残りなさいと言われ、馬天ヌルからも残りなさいって言われたとマチルギは言いました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷の若按司。
父は佐敷按司(サグルー)、母は美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・サグルー
サハチとマチルギの長男。

・サミガー大主
サハチの祖父。馬天浜で鮫皮造りをしていたが隠居する。

・ウミンター
尚巴志の叔父。サミガー大主を継ぎ、鮫皮造りの親方になる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。熊野大親。

・マチルー
クマヌの娘。マチルギの兄のサムに嫁ぐ。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
マチルギが佐敷に嫁いだあと、一年間、佐敷に残る事になる。
一年後、伊波に帰り、クマヌの娘のマチルーを妻に迎える。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。
マチルギから剣術を習っている。

・佐敷ヌル(佐敷ノロ)
尚巴志の妹、マシュー。神名はツキシル。
マチルギから剣術を習っている。

・佐敷按司
尚巴志の父。

・苗代大親
尚巴志の叔父。サハチのマチルギの剣術の師匠。

・与那嶺大親
佐敷按司の重臣。

・兼久大親
佐敷按司の重臣。

・屋比久大親
佐敷按司の重臣。

・ヤシルー
ヤマトゥから来た弓矢の名人。
佐敷按司の重臣。八代大親。


尚巴志伝

2016年08月15日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 29.長男誕生

久高島に馬天ヌルを残し、旅を続けたサハチ(尚巴志)たちは島尻大里の城下を見て、シタルーのいる豊見グスクに向かいます。
気楽な気持ちでシタルーに会いに行こうとしたサハチはマチルギとヒューガに止められました。
サハチも考え直して、シタルーと会うのはやめて浮島に渡り、宿屋をやっているハリマに歓迎されます。
旅の途中、マチルギはフボーヌムイで起こった事を思い出し、サスカサヌルからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かったと言いいます。

旅から帰ったサハチは、久高島にいるウミチルの事を父に話しました。
父は驚きます。フカマヌルが自分の娘を産み、育てていたなんてまったく知りませんでした。
母には内緒だぞとサハチに言って、いつか会いに行きたいと父は言います。

八月に大きな台風が琉球を襲いました。
佐敷グスクは無事でしたが、海辺の家々は破壊され、馬天ヌルの屋敷も壊れます。
家を失った人たちは佐敷グスクに避難して、サハチたちは村の再建に働きます。
マチルギも娘たちを引き連れて、村の復興に励みます。
そんな中、馬天ヌルが久高島から帰ってきます。
フボーヌムイで修行を積んだ馬天ヌルは神々しく、神気が漂っているようでした。

年が明けて、二月の初め、マチルギは元気な男の子を産みます。
サハチの長男は祖父の名をもらって、サグルーと名付けられました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷の若按司。
父は佐敷按司(サグルー)、母は美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。
サスカサからムムトゥフミアガイ(百度踏揚)という神名を授かる。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・ハリマ
ヤマトゥの山伏。浮島の宿屋の主人。

・佐敷按司
尚巴志の父。

・ミチ
尚巴志の母。美里之子(んざとぅぬしぃ)の娘。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。神名はティーダシル。

・マニウシ
シラタル親方の長男。フカマヌルの弟。

・サグルー
サハチとマチルギの長男。



尚巴志伝

2016年08月08日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 28.サスカサ

旅に出たサハチ(尚巴志)たちは久高島に渡っていました。
馬天ヌルはサスカサヌルを探すという目的を持っていました。
サハチたちは馬天ヌルに付き合うという形で久高島に行ったのでした。
サスカサというのは島添大里ヌルの神名で、古くから有名なヌルでした。
先代の馬天ヌルが亡くなる時、馬天ヌルはサスカサから教えを請うように言われていました。
しかし、若かった事もあり、もう一人前のヌルだと思い込んでいた馬天ヌルはサスカサから教えを請いませんでした。
ところが、島添大里按司が滅ぼされて、兄は佐敷按司になりました。
馬天ヌルは按司を守るための儀式をしなければならなくなります。
出陣の儀式とかは先代の馬天ヌルからは教わっていません。
ようやく、先代が言った意味がわかり、サスカサを探しましたが見つける事はできませんでした。
戦の時に亡くなってしまったのだろうと諦めていた時、久高島のウタキに七年間も籠もっている神人(カミンチュ)がいるという情報を得ます。
馬天ヌルはサスカサに違いないと思い、久高島に来たのでした。
久高島にはフカマヌルがいて、フカマヌルの娘のウミチルの父親が、サハチの父親だと聞いてサハチたちは驚きます。
次の日、馬天ヌルはフカマヌルに連れられてサスカサに会いにフボーヌムイ(フボーウタキ)に行きます。
マチルギとウミチルも一緒に行き、フボーヌムイに一晩、籠もります。
馬天ヌルの願いはかなって、サスカサから教えを受ける事になりました。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷の若按司。
父は佐敷按司(サグルー)、母は美里之子の娘。
祖父はサミガー大主、祖母は大グスク按司の娘。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。

・玉グスクヌル
玉グスク按司の妹。サスカサの伯母。

・フカマヌル(外間ノロ)
シラタル親方の長女。
サグルー(佐敷按司)の娘、ウミチルを産む。

・ウミチル
フカマヌルの娘、父はサグルー。尚巴志の母違いの妹。

・マニウシ
シラタル親方の長男。フカマヌルの弟。

・サスカサ
先代の島添大里ヌル。
島添大里グスクが落城後、久高島に逃げ、ずっとフボーヌムイに籠もっている。



尚巴志伝

2016年08月01日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 27.豊見グスク

サハチ(尚巴志)とマチルギの婚礼の翌日、大グスク按司のシタルーがサハチを訪ねて来ます。
シタルーは新しく築いている豊見グスクに移り、大グスクには弟のヤフスか入ると言います。
サハチはヤフスの事をクマヌに聞きますが、クマヌも詳しい事は知りませんでした。
サハチは奥間鍛冶屋のヤキチを訪ねます。ヤキチはヤフスの事を知っていました。
ヤフスの事を詳しく聞き、各地にいる奥間大親の事も聞きます。
四月になるとシタルーは豊見グスクに移り、ヤフスが大グスクに入って大グスク按司を名乗りました。
五月になるとマチルギが去年の旅を思い出して、今年も旅に出たいと言い出します。
サハチも旅に出たい心境だったので、父に相談します。
だめだと言われると思っていたのに、父は許してくれました。
翌日の朝、サハチとマチルギがヒューガの屋敷を訪ねると、何と叔母の馬天ヌルがいて、一緒に旅に出ると言います。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷の若按司。
父は佐敷按司(サグルー)、祖父はサミガー大主。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。

・シタルー
大グスク按司から豊見グスク按司になる。
島添大里按司の次男。後の山南王、汪応祖。

・ヤフス
具志頭の若按司から大グスク按司になる。
島添大里按司の三男。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。

・佐敷按司
尚巴志の父。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・馬天ヌル(馬天ノロ)
尚巴志の叔母。


尚巴志伝

2016年07月28日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 26.高麗の対馬奇襲

サハチ(尚巴志)とマチルギの婚礼が行なわれていた頃、高麗の軍船が対馬の土寄浦を攻撃していました。
高麗ではクーデターが起こって、李成桂(イソンゲ)が政権を握り、倭寇の本拠地である対馬攻撃を決定したのでした。
大砲を積んだ高麗の軍船百隻は対馬の浅海湾を目指してやって来ました。
去年の夏に生まれたサハチの娘、ユキに乳を飲ませていたイトは、突然、雷が落ちたような音を聞いて驚きます。
高麗軍が大砲を撃ち込んでいたのです。
男たちは武器を持って村を守り、女たちは山の中に逃げ込みました。
高麗の兵は上陸して来ましたが、男たちによって追い返されました。しかし、敵の大砲によって、家々は焼かれ、船も沈んでしまいます。
その時、サンルーザとサイムンタルーは家臣たちを引き連れて高麗を攻めていました。
その留守を狙われて、土寄浦周辺は壊滅状態になってしまったのです。


登場人物

・イト
イスケの娘。サハチの娘、ユキを産む。

・イスケ
イトの父親。

・マユ
土寄浦の娘。

・サワ
土寄浦の後家。

・トミ
土寄浦の娘。

・早田丹後守
サイムンタルーの叔父。

・中尾潮漸
サイムンタルーの妻の祖父。

・サンルーザ
早田三郎左衛門。対馬の武将。倭寇(わこう)の頭領。
サミガー大主と鮫皮の取り引きをしている。

・サイムンタルー
中尾左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいる。

・李成桂(イソンゲ)
高麗の武将。朝鮮王朝の初代王となる。

・朴葳(パクウィ)
倭寇討伐で活躍した高麗の武将。
対馬を攻撃した高麗軍の総大将。


尚巴志伝

2016年07月23日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 25.お輿入れ

サハチ(尚巴志)とマチルギの新居となる佐敷グスクの東曲輪(あがりくるわ)が完成し、12月の末には東曲輪の庭で娘たちの剣術の試合が行なわれました。
試合の翌日、マチルギとサムは伊波に帰って行きました。
次にマチルギが佐敷に来るのは2月の婚礼の日です。
大晦日の前日、サハチが東曲輪でマチルギの事を思っていると、勝連のウニタキが訪ねて来ます。
ウニタキはすでに中山王の察度の孫娘を妻に迎えていました。
浮島(那覇)で、倭寇がさらって来た高麗人が売り買いされているとウニタキはサハチに言います。
その事を妻の父親である武寧に話すと、武寧は怒って、連れ去られて来た高麗人たちを本国に送り返してやると言います。
ウニタキの母親も武寧の母親も高麗人だったのです。
翌年の夏、察度は高麗に使者を送って、倭寇によって連れ去られて来た高麗人を高麗に連れ返します。
ウニタキの一言によって、琉球と高麗との交易が始まるのです。

年が明けて、洪武22年(1389年)となり、サハチの妹のマシューが佐敷ヌルになります。
2月にはマチルギが伊波から嫁いできました。
花嫁のマチルギは佐敷の人たちから大歓迎されます。
佐敷グスクはマチルギを祝福する人たちで埋め尽くされます。
サハチとマチルギの婚礼の儀式は大勢の人たちに見守られて無事に終わり、二人はめでたく夫婦になりました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
佐敷の若按司。
父は佐敷按司(サグルー)、祖父はサミガー大主。

・マチルギ
尚巴志の妻。
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。
マチルギが佐敷に嫁いだあと、一年間、佐敷に残る事になる。

・ウニタキ
勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘(武寧の娘)を妻に迎える。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。

・マチルー
クマヌの娘。マチルギから剣術を習っている。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
尚巴志にとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・伊波按司
先代の今帰仁按司の次男。マチルギとサムの父。

・馬天ヌル
尚巴志の叔母。マチルギから剣術を習っている。

・佐敷ヌル
尚巴志の妹、マシュー。マチルギから剣術を習っている。

・苗代大親
尚巴志の叔父。苗代之子から苗代大親に昇格する。

・平敷大親
伊波按司の重臣。

・チルー
美里之子の娘。尚巴志の叔母。
東曲輪の侍女の頭になる。


尚巴志伝

2016年07月18日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 24.山田按司

名護から道なき道を通って、サハチ(尚巴志)たちは伊波グスクに向かいます。
マチルギとサムが今帰仁に行って来たと言うと伊波按司は驚きます。
次の日、サハチたちはマチルギの叔父、山田按司を訪ねます。
山田按司は山伏の格好をしていて、目に見えない凄い力を持っている不気味な男でした。
サハチとマチルギは山田按司に祝福されます。
山田グスクを去った一行は宇座按司(泰期)を訪ねますが、宇座按司は浦添に行っていて留守でした。


その頃、国場川と饒波川の合流地点の山の中で、島添大里按司とその次男のシタルーが新しいグスクを築く相談をしていました。
豊見グスクです。
島添大里按司は浮島の近くに新しい拠点を築いて、明国との交易に力を入れようと考えていたのです。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
サミガー大主の孫。父は佐敷按司(サグルー)。

・マチルギ
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。サハチと婚約する。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチにとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。

・伊波按司
先代の今帰仁按司の次男。マチルギとサムの父。

・山田按司
伊波按司の弟。マチルギの叔父。

・トゥク
山田若按司。マチルギの兄。

・ナミー
宇座按司の若い奥さん。ウミンチュの娘。

・島添大里按司
島尻大里按司(山南王)の叔父。
王叔汪英紫という名で、山南王の使者として明国に行く。

・シタルー
大グスク按司。島添大里按司の次男。後の山南王、汪応祖。



尚巴志伝

2016年07月11日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 23.名護の夜

勝連グスクから帰ったサハチ(尚巴志)が、マチルギにグスクの様子を話すと、マチルギは今帰仁グスクを見てみたいと言います。
お嫁に来てしまえば、そんな我がままはできないので、今のうちに見たいと言います。
今、浮島(那覇)にはサイムンタルーの船がいます。
それに乗っていけば今帰仁まで行く事ができます。
サハチはマチルギに敵である山北王のグスクを見せる事に決め、父の許しを得ると、ヒューガ、マチルギ、サムと一緒に浮島に向かいます。
浮島は相変わらず賑わっていて、初めて来たマチルギとサムは驚きます。
サイムンタルーの船は明から帰って来る進貢船を待っていました。
サハチたちが浮島に来た三日後、進貢船は帰って来ました。
それから十日後、サイムンタルーの船は船出し、その日のうちに今帰仁に着きます。
今帰仁グスクを見たマチルギとサムは、改めて敵討ちの決心を固めます。
ミヌキチの家に顔を出すと、ミヌキチは驚いた顔で、サハチたちを迎えますが、危険だと言います。
マチルギとサムの素性がばれたら殺されるとミヌキチは言いました。
ミヌキチの家に一晩お世話になったサハチたちは名護に向かいます。
名護に向かう山中で何者かに襲われます。簡単に敵を倒す事はできましたが、首謀者らしいサムレーに逃げられます。
ところが、逃げたサムレーは急に倒れます。調べると石つぶてにやられて死んでいます。
山の中から男たちが現れ、奥間の鍛冶屋だと名乗り、そのサムレーが今帰仁に帰ってサハチたちの事を告げると面倒な事になるので殺したと言います。
その鍛冶屋は最近、佐敷に来たヤキチという名の男でサハチは顔を覚えていました。
ヤキチは奥間の長老に命じられて、サハチの身を守っていると言いました。
どうしてかと聞くと奥間ヌルのお告げがあったと言います。
サハチはヤキチにお礼を言い、一緒に旅をします。
名護ではヤキチの紹介で、木地屋の親方の屋敷にお世話になります。
木地屋の屋敷でサハチは、マチルギがツキシルの石が光ったのを見たと聞いて驚きます。


この年に帰って来た山南王の進貢船には島添大里按司が使者として乗っていました。
明の国を見てきた島添大里按司は考えを変えていきます。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
サミガー大主の孫。父は佐敷按司(サグルー)。

・マチルギ
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。サハチと婚約する。

・サム
伊波按司の四男。マチルギの兄。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチにとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・ハリマ
ヤマトゥの山伏。浮島の宿屋の主人。

・サイムンタルー
中尾左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいる。

・ミヌキチ
今帰仁城下に住む刀の研ぎ師。
妻は先代の今帰仁按司の妹。娘は伊波の若按司の妻。

・ヤキチ
奥間の鍛冶屋。サハチを守るために佐敷に送られる。

・ユシチ
木地屋の親方。


尚巴志伝

2016年07月07日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 22.ウニタキ

サハチ(尚巴志)とマチルギの婚約が決まり、佐敷グスクでは拡張工事を始めていました。
そんな頃、勝連按司の三男のウニタキがサハチを訪ねて来ます。
勝連按司が亡くなり、ウニタキは急遽、中山王、察度の孫娘を嫁にもらう事に決まったと言います。
ウニタキは鮫皮作りが見たいと言い、サハチはウニタキを連れて、祖父、サミガー大主の作業場に連れて行きます。
勝連に来るヤマトゥンチュも鮫皮を欲しがるので、勝連でも鮫皮を作りたいとウニタキは言います。
作業場を見学したあと、浜辺で話し込んでいるうちに夕方になってしまい、サミガー大主の離れに顔を出すと、ヤマトゥンチュの船乗りたちが酒盛りを始めていました。
サハチとウニタキも加わって、夜遅くまで騒いでいました。
翌日、ウニタキは鮫皮の作業場を見せてもらったお返しに勝連グスクを見せてやると言います。
サハチはウニタキと一緒に勝連に行き、グスクの中に入りました。
勝連グスクは素晴らしく、一の曲輪からは四方が見渡せました。
サハチは景色を眺めながら、島添大里グスクを奪い取りたいと思っていました。


登場人物

・サハチ(尚巴志)
サミガー大主の孫。父は佐敷按司(サグルー)。

・マチルギ
伊波按司の次女。娘たちの剣術の師匠。サハチと婚約する。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。サハチの師匠。
サハチにとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・ソウゲン(宗玄)
元の国で修行を積んだ禅僧。佐敷按司の家臣となり、サハチたちの読み書きの師になる。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。

・伊波按司
先代の今帰仁按司の次男。マチルギの父。

・ウニタキ
勝連按司の三男。中山王、察度の孫娘を妻に迎える。

・サミガー大主
サハチの祖父。馬天浜で鮫皮造りをしている。

・イブキ
ヤマトゥの山伏。ウニタキの師匠。


尚巴志伝

2016年07月04日

尚巴志伝 あらすじと解説 第一部 21.再会

ウニタキとの試合で引き分けたマチルギは佐敷に戻って厳しい修行を続けていました。
約束の二か月後、ウニタキは現れませんでした。ウニタキの父親の勝連按司が急に亡くなってしまったためでした。
マチルギが佐敷に来て五か月が過ぎ、娘たちが武術の教えを請うようになっていました。
武術は男がやるものと思い込んでいた娘たちが、マチルギを見て、女も武術をしてもいいんだと思うようになり、マチルギに憧れます。
佐敷按司の許しが出て、マチルギが娘たちに剣術を教える事になります。
マチルギは自分の修行も途中なのに、人に教える事なんてできないと断りますが、苗代之子は人に教えるのも修行になる。毎日、夕方の二時間だけだからやってくれと頼みます。
マチルギは仕方なく、引き受けます。
初めの頃は面倒くさいと思っていたマチルギも、だんだんと娘たちに教えるのが楽しくなっていきます。
今まで、同年代の娘たちと一緒に遊んだ事もなかったマチルギは、稽古のあとに娘たちから色々な話を聞くのも楽しいと思うようになります。
マチルギの教え子の中には馬天ヌルと佐敷ヌルもいました。馬天ヌルはマチルギよりもかなり年上なのに、マチルギをお師匠と呼んで、真剣に稽古をしていました。
いつものように山の中で修行していたら、サハチ(尚巴志)が帰って来たと教え子の娘が知らせてくれました。
マチルギは馬天浜に向かいます。馬天ヌルと佐敷ヌルも来ていて、三人でサハチを迎えます。
マチルギはサハチを見つめ、知らずに涙がこぼれてきます。
マチルギとサハチは砂浜を歩きながら積もる話を語り合います。
その晩、帰国祝いの宴が開かれ、その宴にはマチルギも呼ばれていました。マチルギが家族たちに歓迎されている事を知ってサハチは喜びます。
次の日の夕方、サハチはマチルギと約束の試合をして、引き分けます。試合を見ていた娘たちが二人に喝采を送っていると、ウニタキがマチルギを訪ねて来ます。
ウニタキはマチルギに幸せになって下さいと言って去って行きます。



登場人物

・サハチ(尚巴志)
サミガー大主の孫。父は佐敷按司(サグルー)。

・マチルギ
伊波按司の次女。後に尚巴志の妻になる。

・サム
伊波按司の四男。後に尚巴志の家臣になる。

・苗代之子(なーしるぬしぃ)
尚巴志の叔父、佐敷按司の弟。剣術の名人。

・クマヌ
ヤマトゥの山伏。佐敷按司の家臣。

・クマヌの奥さん
島添大里の武将の妻だったが、夫は戦死し、娘と一緒に城下の焼け跡をさまよっていて、クマヌに助けられる。

・マチルー
クマヌの娘。

・美里之子(んざとぅぬしぃ)
佐敷按司の義弟。武術師範。

・佐敷按司
尚巴志の父。

・馬天ヌル
尚巴志の叔母。

・マシュー
尚巴志の妹。馬天ヌルのもとでヌルの修行中。佐敷ヌル。

・サイムンタルー
中尾左衛門太郎。対馬の倭寇の頭領、早田三郎左衛門の次男。
妻の実家の中尾家を継いでいる。

・クルシ
早田三郎左衛門の重臣。

・ヒューガ
三好日向。武芸者。
サハチにとって重要な人物となる。
「陰の流れ 第一部」に智羅天として登場。愛洲移香斎に気合いの術と彫刻を教える。

・サミガー大主
尚巴志の祖父。伊平屋島出身で、馬天浜で鮫皮作りをしている。

・ウミンター
尚巴志の叔父。鮫皮作りを継ぐ事になっている。

・ウニタキ
勝連按司の三男。勝連に来たマチルギを見初めて嫁に請う。


尚巴志伝